習志野建売住宅(急勾配斜面地の再発見)

千葉県習志野市にある山林の一部に建売住宅を造る計画です。
斜面に建物を建てるにはまず地盤の状態を調査する必要があります。
近隣の地盤データからおおよその地盤の状態を推測し、地盤改良の方法をいくつか検討しました。
検討の結果柱状改良と鋼管杭の選択肢が上げられました。
コストの比較と施工性の面から柱状改良が最適と判断されました。
敷地の取得コストは格段に安いものの地盤改良コストが事業計画に及ぼす影響が比較検討されました。
急勾配の斜面地という敷地のポテンシャルは前面の眺望と裏山の自然環境が担保されている点が最大の強みです。
従来の建売住宅は平地を分割して集積させるという「作る側の論理」で作られていましたが、眺望を重視した斜面地の利用はリモートワークの生活に移行しつつある社会にとっては必ずしも「駅近(エキチカ)」の土地だけでない価値を生み出すことになると思います。

©STUDIO・NOA

  • YouTube
  • Pinterest
  • Instagram