大船渡の家(板張りインナーガーデンの家)

岩手の施工会社の依頼で住宅の基本デザインを行いました。

敷地は高台にあり北と東に海が望める場所にあります。
母と息子の家ですが将来息子さんの結婚を見据えた二世帯住宅として計画しています。
親子共働きのため1階に水廻りをまとめ、洗濯室も付随させています。
吹抜けのあるLDKは屋根付きのインナーガーデンとつながることで一層広がりと解放感を作り出しています。
インナーガーデンを含めた一枚の大屋根で家を包むことで外部空間をインテリアの延長とし、ソーラーパネルとの一体化を図っています。
ZEHの基準を満たし、使いやすい動線、いろんな居場所があり、人を呼びたくなる家になることでしょう。

©STUDIO・NOA

  • YouTube
  • Pinterest
  • Instagram